メンタル

カロリーにこだわりすぎてない?

こんばんは。

 

 

ブログサイトにお越しいただき

誠にありがとうございます。

 

 

*******************

☆初めましての方へ

幸せ食ライフカウンセラーの一ノ木菜摘です。

私の自己紹介はこちらからご覧ください。

*******************

 

さて、今日は、カロリーについて

私が思うことをお話ししていきたいと思います。

 

ダイエットしている人や

摂食障害を克服しようとしている人で

カロリーにこだわりすぎて

思うように食べられない人も

いるのではないでしょうか?

 

 

【数字に縛られる辛さ】

 

私も仕事で時々感じてしまうのですが、

目標として数字を提示され

実際、取り組んでみて達成できなかった時

 

 

正直、とても心苦しい・・・

 

 

・真面目な人

・完璧主義な人

・周りを気にしてしまう人 などは

 

できなかった時の自分が怖くて

周りの期待に応えられなかった時

 

耐えられないタイプですと

数字は、かなり強制されているような

感覚ではないでしょうか。

 

 

【カロリーだけを摂ればいいのではない?】

 

もちろん、適切なカロリーを摂ることは

大事なことではありますが、

 

カロリー内であれば

何でも食べてもいい

 

ということではありません。

 

 

私たちの体は、

アンパンマンのように

新しい顔を入れ替えれば元気になる

なんて単純な仕組みではないです。

 

 

【エネルギーになるには?】

 

 

カロリーは、ご飯やパンなど糖質の多い食品から

摂ることが多いですが、

 

私たちが活動に必要なエネルギーは、

糖質を摂っただけでは使われません。

 

 

ビタミンやミネラルなど

他の栄養素がないと

エネルギーにすることができません。

 

 

アンパンマンの顔も

小麦粉や小豆などの原材料から

色々な工程を経て作られるのと同じように、

 

私たちの体も色々な働きがあるので、

体が作られ、活動していけます。

 

そのため、

色々な食品をバランスよく摂ることが

大事になっていきます。

 

 

【量より質、そして楽しく!】

 

カロリーにこだわりすぎず、

色々な食品をバランスよく

摂ることは大切だとお話ししてきました。

 

 

私たちが生活していく上で、

食べることはとても大切ですが、

食事の時間は少しでも楽しく、

心地よくして食べて欲しい

と私は思います。

 

 

以前、病院で働いて感じたことは

多くの患者さんが食事を楽しみに

過ごされていたこと。

 

もちろん、患者さんだけではなく

一日の中で食事は、

楽しみに過ごしている人も多いと思います。

 

 

もし、カロリーなど数字に囚われしまって

心苦しいのであれば、

捉え方や食事の見直しの

きっかけになるかもしれません。

 

 

少しでも参考になると幸いです。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

少しでも心が軽くなり

前を向いて一歩ずつ歩き出せることを願います。

-メンタル

© 2021 幸せ食ライフセッション|管理栄養士 一ノ木菜摘のブログ Powered by AFFINGER5